マンション売却の契約と決済

手付金の授受

売買契約書の記名押印終了後、手付金の授受が行われます。手付金は一般的に売買代金の10%前後で、ほとんどの場合現金で授受されます。

 

手付金額が数百万円であれば、100万円単位で銀行の帯封が付いている場合が多いです。ほとんど間違いがあることはありませんが、一応帯封をほどいて間違いがないか確認しましょう。買主さんに対して失礼ではないかと思うかもしれませんが、大切なマンションの売買です。しっかりと落ち着いて数えましょう。そして金額に間違いがなければ買主さんに両手を添えて手付金の領収書を渡してください。


決済・引渡しの打ち合わせ

売買契約書の記名押印、手付金の授受が終わったら決済・引渡しについて簡単に打ち合わせをしておきましょう。売主側としてはいつごろ引渡しが可能か買主さんへ伝えます。

 

また、買主さんが住宅ローンを利用して今回購入するのであれば、ローン審査の回答について確認しておきましょう。なぜなら、前述の通りせっかく契約をしても、買主の住宅ローンの審査が通らなければ無条件で解約となるからです。そうなれば、受領した手付金も返還して、また同じ作業を最初からすることになります。


不動産業者への仲介手数料の支払い

売買契約時に、半金もしくはいくらかの金額を支払う約束をしていれば支払います。


まとめ

手付金を現金で受け取るときは落ち着いて数え、買主さんが住宅ローンの利用があるときは回答のめどをもらうこと。当日の流れをつかんで行うべきことをしっかりこなしましょう。


スポンサードリンク

カテゴリー 一覧

マンション売却の基礎知識
   1.中古マンションは売れにくい 4.マンションを売却する理由を明確にする
   2.後悔や不安の念を残さないために 5.マンションを売却するためのお金
   3.正しい情報やノウハウを得るために 6.マンションを売却するための良きパートナー探し
不動産業者に電話をする前に
   1.売却?それとも賃貸? 3.マンション売却に必要な費用
   2.マンション売却の流れ 4.準備しておく“もの”と“こと”
不動産業者の選び方
   1.パートナーが成功のカギを握る 4.マンション売却が得意な不動産業者の探し方
   2.今の不動産流通の中心を担う!レインズ 5.不動産業者に電話をかけたときの チェックポイント
   3.不動産業者には得意分野がある 6.“査定”するのはマンションだけでなく担当者も
売却価格の決め方と依頼の方法
   1.中古マンションの売却価格の決め方 3.不動産業者との媒介契約
   2.逆算した日数から売却スケジュールを計画する 4.“レインズ”登場による媒介契約の選び方
マンション売却交渉術
   1.不動産業者が行う販売活動 5.買主の目に留まるように値下げする
   2.いよいよ販売開始! 6.購入したいという意思表示(購入申込書)
   3.売却中のマンションは商品である 7.迅速な交渉をするためにも知っておく!購入申込書のチェックポイント
   4.売り出したマンションが売れない理由

マンション売却の契約と決済
   1.売買契約前の準備(その1) 6.売買契約後に売主がすること
   2.売買契約前の準備(その2) 7.決済前の準備
   3.売買契約当日に必要なもの 8.決済当日に必要なもの

   4.売買契約当日の流れ(その1)

9.決済当日の流れ
   5.売買契約当日の流れ(その2)

      ↑只今ご覧のページ

売却後の“ちょっとしたコツ”

 

TOPページへ

スポンサードリンク


引越し価格ガイド