マンション売却交渉術

この項ではマンション売却中における不動産業者の広告方法や販売活動を理解していきます。また、それと合わせて売主としての気構えを意識することによって上手な不動産業者との交渉術を説明していきます。


マンション売却交渉術記事一覧

不動産業者が行う販売活動

売主さん(あなた)と媒介契約を結んだ不動産業者はその後どのようにして買主さんを見つけるのでしょうか。販売活動の主なものを4つ以下に挙げます。レインズに登録するレインズ(不動産物件情報交換のためのコンピュータネットワークシステム)に登録して、全国の不動産業者の目に留まるようになります。なお、専任媒介契...

≫続きを読む

 

いよいよ販売開始!

売却価格も決定し、不動産業者との媒介契約も締結しました。さて、いよいよ不動産業者を介して販売活動の開始です。そうするとあなたのマンションに興味のある買主が内覧にやってきます。中古マンションを売却する際、内覧をしないで買うことはまずありません。よって、この内覧がない=売れないということになるので内覧は...

≫続きを読む

 

売却中のマンションは商品である

居住中のままでマンション売却される方も多いでしょう。その場合いきなり内覧に来ることはありません。不動産業者から○月○日○時ごろ訪問する旨の連絡があります。せっかくのチャンスを逃さないためにも最低限これだけはやっておきましょう。それは1にも2にも掃除・整理整頓です。玄関を入って靴が散らかっている、リビ...

≫続きを読む

 

売り出したマンションが売れない理由

不動産業者に依頼してからなかなか売れず日が経つばかり。そのようなときは売れない理由を分析しなければいけません。担当者と相談して改善点を見出していきましょう。内覧がない or ある に分けて見ていきます。問い合わせがあって内覧がない場合 ⇒ 価格が高い他の不動産業者は中古マンションを探しているお客さん...

≫続きを読む

 

買主の目に留まるように値下げする

残念ながら今の価格ではなかなか売れないというとき価格を下げることを考えます。その際、ただ闇雲に下げるのではなく、思い切ってさらには安く感じるような根付けをするようにしましょう。以下買主の目に留まる値下げの方法です。価格を下げる場合は最低10%は下げる。1000万、2000万の金額を扱う場合、数十万円...

≫続きを読む

 

購入したいという意思表示(購入申込書)

内覧にきた見込み客があなたのマンションを気に入って購入したいと思ったら、その意思表示となる購入申込書(または買付申込書)を書きます。まずは、購入申込書の記載内容について知っておきましょう。購入したい物件の概要(マンション名・所在・売買対象となる面積等)買主の購入希望価格住宅ローンの利用の有無とその金...

≫続きを読む

 

迅速な交渉をするために知っておく!購入申込書のチェックポイント

購入申込書には契約時に買主さんが売主さんに支払う手付金(一般的には売買代金の10%)の支払予定額が書かれています。この手付金額が、極端に低い金額の場合は要注意!!売買代金の5%を下回る場合は、手付金を上げてもらう交渉をしましょう。なぜなら、売買契約の中で「手付け解除」というのがあります。これは契約か...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


引越し価格ガイド