マンション売却交渉術

購入申込書は交渉する権利を得たにすぎない

内覧にきた見込み客があなたのマンションを気に入って購入したいと思ったら、その意思表示となる購入申込書(または買付申込書)を書きます。まずは、購入申込書の記載内容について知っておきましょう。

  • 購入したい物件の概要(マンション名・所在・売買対象となる面積等)
  • 買主の購入希望価格
  • 住宅ローンの利用の有無とその金額
  • 契約時の手付金の額
  • 契約締結の希望時期
  • その他の条件
  • 購入希望者の氏名(押印) 住所 ※押印はなくても有効です。

売買とは売主と買主の合意によってはじめて成立します。この購入申込書はあくまで買主の希望で、ここから売主と条件面を詰めていきます。その際双方折り合いがつかなくて白紙となるだけでなく、買主側が他のマンションが気に入って取りやめたり、「もう少し時期をみてからのほうがもっといいマンションがでてくるよ」などと身内からの消極的な意見が出て気が変わったりしても白紙になることがあります。

 

すなわちこの購入申込書は買主が交渉する権利を得ただけ。逆に売主も買う人と交渉する権利を得ただけです。そのような微妙な状態であることを理解しておきましょう。


まとめ

買主にとっては金額が大きく、これから長いローンが待っているマンション購入。購入申込書を出しても気持ちが変わりやすいのです。熱の冷めないように買主とのやりとりは迅速に行いましょう。


↓ とりあえず【無料】一括査定をする方はこちら ↓

不動産査定

カテゴリー 一覧

マンション売却の基礎知識
   1.中古マンションは売れにくい 4.マンションを売却する理由を明確にする
   2.後悔や不安の念を残さないために 5.マンションを売却するためのお金
   3.正しい情報やノウハウを得るために 6.マンションを売却するための良きパートナー探し
不動産業者に電話をする前に
   1.売却?それとも賃貸? 3.マンション売却に必要な費用
   2.マンション売却の流れ 4.準備しておく“もの”と“こと”
不動産業者の選び方
   1.パートナーが成功のカギを握る 4.マンション売却が得意な不動産業者の探し方
   2.今の不動産流通の中心を担う!レインズ 5.不動産業者に電話をかけたときの チェックポイント
   3.不動産業者には得意分野がある 6.“査定”するのはマンションだけでなく担当者も
売却価格の決め方と依頼の方法
   1.中古マンションの売却価格の決め方 3.不動産業者との媒介契約
   2.逆算した日数から売却スケジュールを計画する 4.“レインズ”登場による媒介契約の選び方

マンション売却交渉術
   1.不動産業者が行う販売活動 5.買主の目に留まるように値下げする
   2.いよいよ販売開始! 6.購入したいという意思表示(購入申込書)

    ↑只今ご覧のページ

   3.売却中のマンションは商品である 7.迅速な交渉をするためにも知っておく!購入申込書のチェックポイント
   4.売り出したマンションが売れない理由
マンション売却の契約と決済
   1.売買契約前の準備(その1) 6.売買契約後に売主がすること
   2.売買契約前の準備(その2) 7.決済前の準備
   3.売買契約当日に必要なもの 8.決済当日に必要なもの

   4.売買契約当日の流れ(その1)

9.決済当日の流れ
   5.売買契約当日の流れ(その2)
売却後の“ちょっとしたコツ”

 

TOPページへ

スポンサードリンク


引越し価格ガイド