売却価格の決め方と依頼の方法

不動産業者が主に使っている査定法

不動産業者に中古マンションの査定を依頼した際、どのような査定方法を主に使っているのでしょうか。それは依頼された同じマンションや近隣に類似する物件の過去の成約事例及び現在売り出し中の価格をもとに鑑定する「取引事例法」です。その価格を参考にして査定額を決めていきます。

 

しかしこの「取引事例法」はその取引数、時期、売主の理由によって精度の高低が違ってきます。たとえば、取引数3年前に1回事例があったとすれば、市況の状態は3年前と違いますし、もし売主さんが売り急いでいれば安値で売却しているかもしれません。回数がいくつもあってその平均値がこれですといいうのであれば精度は高くなりますが、例のように成約時期もだいぶ前のもので一回だけの事例ををもとに査定額とするのは参考にはならないでしょう。

 

よって、査定を依頼する際は数社に依頼しておくのがベターです。


売主さんの状況から価格を決める

中古マンションを売却する場合、「住宅ローンの残債額+売却にかかる諸費用+引越し費用」分を最低ラインの価格として設定したいところです。もしそれ以下になってしまうと持ち出しをしなければならないので通常はこのあたりが最低ラインとなるでしょう。

 

しかしそこに早く売らなければならない状況が加わるとそうも言ってられなくなります。「多少持ち出しでも早く売りたい」という方にとっては最低ラインがもう少し下がります。一方、売り出し期間が半年は大丈夫、一年後くらいに売れれば良いというのであればおそらく希望ラインを中心に考えるかと思います。

 

このように売主さんの状況によって希望のラインと最低ラインがある。この2つの金額を状況に関係なく出しておきましょう。

まとめ

3つの仮定売却額を決めておきましょう。

  • 不動産業者の平均査定額
  • 売主(あなたの)希望ライン
  • 売主(あなたの)最低ライン

↓ とりあえず【無料】一括査定をする方はこちら ↓

不動産査定

カテゴリー 一覧

マンション売却の基礎知識
   1.中古マンションは売れにくい 4.マンションを売却する理由を明確にする
   2.後悔や不安の念を残さないために 5.マンションを売却するためのお金
   3.正しい情報やノウハウを得るために 6.マンションを売却するための良きパートナー探し
不動産業者に電話をする前に
   1.売却?それとも賃貸? 3.マンション売却に必要な費用
   2.マンション売却の流れ 4.準備しておく“もの”と“こと”
不動産業者の選び方
   1.パートナーが成功のカギを握る 4.マンション売却が得意な不動産業者の探し方
   2.今の不動産流通の中心を担う!レインズ 5.不動産業者に電話をかけたときの チェックポイント
   3.不動産業者には得意分野がある 6.“査定”するのはマンションだけでなく担当者も

売却価格の決め方と依頼の方法
   1.中古マンションの売却価格の決め方

       ↑只今ご覧のページ

3.不動産業者との媒介契約
   2.逆算した日数から売却スケジュールを計画する 4.“レインズ”登場による媒介契約の選び方
マンション売却交渉術
   1.不動産業者が行う販売活動 5.買主の目に留まるように値下げする
   2.いよいよ販売開始! 6.購入したいという意思表示(購入申込書)
   3.売却中のマンションは商品である 7.迅速な交渉をするためにも知っておく!購入申込書のチェックポイント
   4.売り出したマンションが売れない理由
マンション売却の契約と決済
   1.売買契約前の準備(その1) 6.売買契約後に売主がすること
   2.売買契約前の準備(その2) 7.決済前の準備
   3.売買契約当日に必要なもの 8.決済当日に必要なもの

   4.売買契約当日の流れ(その1)

9.決済当日の流れ
   5.売買契約当日の流れ(その2)
売却後の“ちょっとしたコツ”

 

TOPページへ

スポンサードリンク


引越し価格ガイド