売却価格の決め方と依頼の方法

媒介契約とは?

媒介契約とは、不動産業者に不動産の売却を依頼することです。不動産業者はこの依頼内容を書面で交付する義務があります。そして、この媒介契約をもとにマンションの売却活動に入っていきます。

 

媒介契約では主に以下のような内容が取り決められます。

  • 誰がどの不動産業者に売却を依頼するのか
  • どの物件の売却を依頼するのか
  • いくらで売却するのか
  • 売却を依頼する期間
  • 売却の依頼を受けた不動産業者の売却活動はどのようなものか
  • 売却が決まったときの不動産業者に支払う手数料及びその時期

※上記は簡略した説明で、条文では詳細に書かれています。


媒介契約の種類は3つ

  1. 一般媒介契約

    依頼者(売主)が「依頼した不動産業者」以外の「他の不動産業者」に重ねて媒介を依頼することが原則的に自由である。つまり数社に平行して売却を依頼できる。また、依頼者が自分で買主を見つけ、直接契約をすることが原則的に自由。

  2. 専任媒介契約

    依頼者が他の宅地建物取引業者に重ねて依頼することは禁止。1社限定で依頼する。また、依頼者自身が、自分で買主を見つけ、直接契約することは一般媒介契約と同様に自由。

  3. 専属専任媒介契約

    専任媒介契約と同様に、他の不動産業者に重ねて売却を依頼できない。1社限定。さらに依頼者自身が自分で買主を見つけ、直接契約することも禁止。

このうちのどれかを売主(あなた)は選ばなくてはなりません。

まとめ

媒介契約には3つの種類があることを覚えましょう。以下表をご覧ください。

一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約

・数社に並行して依頼できる
・自分で買主を見つけて
 直接契約が可能

・1社限定で依頼となる
・自分で買主を見つけて
 直接契約が可能

・1社限定で依頼となる
・自分で買主を見つけて
 直接契約することも禁止


↓ とりあえず【無料】一括査定をする方はこちら ↓

不動産査定

カテゴリー 一覧

マンション売却の基礎知識
   1.中古マンションは売れにくい 4.マンションを売却する理由を明確にする
   2.後悔や不安の念を残さないために 5.マンションを売却するためのお金
   3.正しい情報やノウハウを得るために 6.マンションを売却するための良きパートナー探し
不動産業者に電話をする前に
   1.売却?それとも賃貸? 3.マンション売却に必要な費用
   2.マンション売却の流れ 4.準備しておく“もの”と“こと”
不動産業者の選び方
   1.パートナーが成功のカギを握る 4.マンション売却が得意な不動産業者の探し方
   2.今の不動産流通の中心を担う!レインズ 5.不動産業者に電話をかけたときの チェックポイント
   3.不動産業者には得意分野がある 6.“査定”するのはマンションだけでなく担当者も

売却価格の決め方と依頼の方法
   1.中古マンションの売却価格の決め方 3.不動産業者との媒介契約

    ↑只今ご覧のページ

   2.逆算した日数から売却スケジュールを計画する 4.“レインズ”登場による媒介契約の選び方
マンション売却交渉術
   1.不動産業者が行う販売活動 5.買主の目に留まるように値下げする
   2.いよいよ販売開始! 6.購入したいという意思表示(購入申込書)
   3.売却中のマンションは商品である 7.迅速な交渉をするためにも知っておく!購入申込書のチェックポイント
   4.売り出したマンションが売れない理由
マンション売却の契約と決済
   1.売買契約前の準備(その1) 6.売買契約後に売主がすること
   2.売買契約前の準備(その2) 7.決済前の準備
   3.売買契約当日に必要なもの 8.決済当日に必要なもの

   4.売買契約当日の流れ(その1)

9.決済当日の流れ
   5.売買契約当日の流れ(その2)
売却後の“ちょっとしたコツ”

 

TOPページへ

スポンサードリンク


引越し価格ガイド