不動産業者へ電話する前に準備すること

不動産業者に連絡してから決済・引き渡しまでの流れをつかむ

 中古マンション売却のおおまかな流れは次の10ステップです。

  1. 不動産業者に連絡する

     あなたのマンションを売却したい旨を伝える

  2. 面談・査定

     不動産業者に来てもらい、あなたのマンションを査定してもらう。
     そのとき売却理由や希望を伝える。

  3. 媒介契約

     査定額と担当者の積極性を見て、売却を依頼する不動産業者を決める。

  4. 売却活動開始

     不動産業者がチラシやネットなどの広告を使ってあなたのマンションの売却活動に入ります。

  5. 内覧希望者の案内

     売物件となっているあなたのマンションの内覧希望者を案内します。

  6. 購入申込書を受け取る

     あなたのマンションを買いたいというお客さんから、購入の意思となる購入申込書を受け取ります。

  7. 売買契約の準備

     売買契約までに価格や諸条件を不動産業者を介して詰めていきます。

  8. 売買契約

     買主と売買契約を締結します。

  9. 決済の準備

     決済当日に諸費用や引渡すものなどを確認します。

  10. 決済・引渡し

     売買代金の金額を受領し、引渡し(鍵の授受)を行います。


まとめ

上記のステップを見て流れをつかみ、今どのステップにいるか把握しておきましょう。また、不明な点はその都度担当者へ問い合わせましょう。


↓ とりあえず【無料】一括査定をする方はこちら ↓

不動産査定

カテゴリー 一覧

マンション売却の基礎知識
   1.中古マンションは売れにくい 4.マンションを売却する理由を明確にする
   2.後悔や不安の念を残さないために 5.マンションを売却するためのお金
   3.正しい情報やノウハウを得るために 6.マンションを売却するための良きパートナー探し

不動産業者に電話をする前に
   1.売却?それとも賃貸? 3.マンション売却に必要な費用
   2.マンション売却の流れ

      ↑只今ご覧のページ

4.準備しておく“もの”と“こと”
不動産業者の選び方
   1.パートナーが成功のカギを握る 4.マンション売却が得意な不動産業者の探し方
   2.今の不動産流通の中心を担う!レインズ 5.不動産業者に電話をかけたときの チェックポイント
   3.不動産業者には得意分野がある 6.“査定”するのはマンションだけでなく担当者も
売却価格の決め方と依頼の方法
   1.中古マンションの売却価格の決め方 3.不動産業者との媒介契約
   2.逆算した日数から売却スケジュールを計画する 4.“レインズ”登場による媒介契約の選び方
マンション売却交渉術
   1.不動産業者が行う販売活動 5.買主の目に留まるように値下げする
   2.いよいよ販売開始! 6.購入したいという意思表示(購入申込書)
   3.売却中のマンションは商品である 7.迅速な交渉をするためにも知っておく!購入申込書のチェックポイント
   4.売り出したマンションが売れない理由
マンション売却の契約と決済
   1.売買契約前の準備(その1) 6.売買契約後に売主がすること
   2.売買契約前の準備(その2) 7.決済前の準備
   3.売買契約当日に必要なもの 8.決済当日に必要なもの

   4.売買契約当日の流れ(その1)

9.決済当日の流れ
   5.売買契約当日の流れ(その2)
売却後の“ちょっとしたコツ”

 

TOPページへ

スポンサードリンク


引越し価格ガイド