マンション売却の基礎知識

売却価格のことだけではありません

中古マンションを売却するためには当然にお金が必要です。そのお金について「どれくらいの価格になるか?」という売却価格だけを考えるのではなく、アメリカンフットボールのグランドに引かれている線のように、
「このラインまで進んだとしたら、どのように売却しよう」というお金(金額)面からの戦略をいくつか立てておきましょう。

たとえば、売主(あなた)がこれくらいで売りたいと思う売却希望価格があります。一方買主からこれくらいで買いたいという買取希望価格があります。おそらくそれが一致することは少ないでしょう。その場合、
  • 売主(あなた)は買主から最低これくらいの金額までを言ってきたらOKとしよう
  • 買取希望価格がもし住宅ローンの残債額より低くても、自己資金を出して早く売ろう
  • 自己資金は一切出さずにしたいのでこの期間はこの金額ラインまでを言ってくれる買主を待とう
などと「この場合はこうする」という計画を立てておくということです。

実際には計画通りにいかないかもしれません。少々手直しする程度かもしれませんし、仮に大幅な変更となっても一度基準となる計画を立てている分だけ頭が整理されていて、何もしなかったよりはるかにいろいろな対処ができると思います。

まとめ

お金次第でマンションの売却方法が変わります。事前にその方法について戦略を立てておきましょう。


↓ とりあえず【無料】一括査定をする方はこちら ↓

不動産査定

カテゴリー 一覧

マンション売却の基礎知識
   1.中古マンションは売れにくい 4.マンションを売却する理由を明確にする
   2.後悔や不安の念を残さないために 5.マンションを売却するためのお金

     ↑只今ご覧のページ

   3.正しい情報やノウハウを得るために 6.マンションを売却するための良きパートナー探し
不動産業者に電話をする前に
   1.売却?それとも賃貸? 3.マンション売却に必要な費用
   2.マンション売却の流れ 4.準備しておく“もの”と“こと”
不動産業者の選び方
   1.パートナーが成功のカギを握る 4.マンション売却が得意な不動産業者の探し方
   2.今の不動産流通の中心を担う!レインズ 5.不動産業者に電話をかけたときの チェックポイント
   3.不動産業者には得意分野がある 6.“査定”するのはマンションだけでなく担当者も
売却価格の決め方と依頼の方法
   1.中古マンションの売却価格の決め方 3.不動産業者との媒介契約
   2.逆算した日数から売却スケジュールを計画する 4.“レインズ”登場による媒介契約の選び方
マンション売却交渉術
   1.不動産業者が行う販売活動 5.買主の目に留まるように値下げする
   2.いよいよ販売開始! 6.購入したいという意思表示(購入申込書)
   3.売却中のマンションは商品である 7.迅速な交渉をするためにも知っておく!購入申込書のチェックポイント
   4.売り出したマンションが売れない理由
マンション売却の契約と決済
   1.売買契約前の準備(その1) 6.売買契約後に売主がすること
   2.売買契約前の準備(その2) 7.決済前の準備
   3.売買契約当日に必要なもの 8.決済当日に必要なもの

   4.売買契約当日の流れ(その1)

9.決済当日の流れ
   5.売買契約当日の流れ(その2)
売却後の“ちょっとしたコツ”

 

TOPページへ

スポンサードリンク


引越し価格ガイド